社会福祉法人春濤会│昭和3年の創設以来の歴史と伝統を重んじるとともに、常に先進的で先駆的な視点を大切にした、良質な福祉実践を目指します。

ご挨拶 

踏むな 育てよ 水そそげ

「春濤会」は、昭和3年創設の「八幡学園(福祉型障害児入所施設)」を母体とする社会福祉法人です。

八幡学園の創設者、故久保寺保久氏が残した標語「踏むな、育てよ、水そそげ」の理念の下、知的に障害を持ったお子さんとご家族の福祉の向上のために、日々努力をしています。

障がいを持った子ども達の生活支援を行う「八幡学園」、地域の子ども達の発達支援の場としての「子ども発達支援センター やわた」、放課後等デイサービスの「ひまわり」の2施設1事業を展開しています(附帯事業として短期入所事業、日中一時支援事業を『八幡学園』内で実施しています)。

また、八幡学園は貼絵の天才 山下清さんが在園、その才能を開花させた施設としても知られています。

御利用にあたっての見学や相談は、随時お受けしています。
 

お知らせ

2017/10/16
ボランティアを募集しています。
ご希望の方、興味のある方は、八幡学園総務部:047-338-3763
外山(とやま)まで、ご連絡ください。 
2017/10/16
八幡学園の支援員(1年契約・月給制)を若干名募集中です。
お問い合わせは、047-338-3763 八幡学園総務:外山までお電話下さい。  

▲ ページトップ